今週の話題

2021年12月4日

マーケティングと文化人類学的エスノグラフィー

<マーケティングとエスノグラフィー>
マーケティングは、経済学、統計学、心理学に拠る部分が大きい。 エスノグラフィーのマーケティング活用は、世界ブランドが未開拓の国や地域への進出、IT分野のUI開発の2つがきっかけだったと記憶する。例えば、洗濯用洗剤を発展途上国に売り込もうとしたとき、洗濯行動を当該地域の独自文化の中に位置づけて調査・分析する必要があった。また、ITのトップ企業が、ユーザーや開発者とのインタフェースを追及するとき、行動を個別に分析するのではなく、ユーザーが独自文化を持つとして仮定して分析する必要があった。マーケティングが初めて「異文化」理解に直面した時である。

続きはこちら

お知らせ

ページのトップへ